助産師です、人は見かけによりません


by zgdcwz0mv5

日ごろ世話になった針を供養 東京マスダ学院(産経新聞)

 江戸川区平井の専門学校「東京マスダ学院」で8日、使い古した針に感謝する「針供養」が行われ、学生らは針を真綿に刺して日ごろの感謝の気持ちを表した。

 物を大切にする心を養うことを目的に、学院は昭和15年の開校以来、毎年この日に針供養を行っている。調理や日本語を学ぶ学生らは、包丁やペンを供えていた。

 服飾を学ぶ川口千里さん(18)は「私たちの勉強のために一生懸命働いてくれた針に感謝の気持ちを込めて刺した」と話した。

慢性化しやすい欧米型B型肝炎、家庭内でも感染を確認(医療介護CBニュース)
官邸に銃弾入り郵便物か(時事通信)
中川氏、前途多難 政界再編へ勉強会 自民は冷めた反応(産経新聞)
大阪・泉佐野市が学校統廃合など健全化計画を公開(産経新聞)
医師確保事業で着服、宮崎県職員を懲戒免職(読売新聞)
[PR]
by zgdcwz0mv5 | 2010-02-14 16:50